川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(488)
(450)
(436)
(410)
(340)
(324)
(298)
(293)
(282)
(276)
(247)
(238)
(223)
(213)
(178)
(156)
(154)
(134)
(132)
(120)
検索
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


市、2010年開所・増員予定の認可保育所発表(11/4)

市は、2010年4月に開所・増員予定の認可保育所を発表した。8月に策定した保育計画見直しに沿い、受け入れ枠を1,130人増員。09年4月の待機児童数は713人だが、市こども本部は「待機児童数は増え続けており、まだ足りる状況ではない」とし、2012年4月までに3,000人の増員を図る。今回の拡充はすべて民営保育園。市内初となる幼・保一体の認定こども園「新城みらい保育園」(中原区、定員120人)などが含まれている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2009-11-04 13:04 | Comments(2)
Commented by 玉川 at 2010-03-15 16:21 x
待機児童の問題は、当センター研究員も取り組んでいる課題ですので注目してくださいね。待機児童対策は本当に難しいと感じます。ハード面での整備を対応させれば、需要変動によってどのように柔軟性が確保できるのか・・・対象者が減少したときには経営が成り立たない状況は容易に予測されますが、それは誰が責任を取るのでしょうか??経営努力でなんとかしろ・・・?それを言ったら「保育も自己努力で何とかしろ」ということになりませんか?公的サービスとしての性格、制度の中でどうやってベストな選択をするか・・・頭の痛い課題ですが、社会保障のあり方の根幹ですから、もっといろんな議論があってもいいのではないかと思います。
Commented by Jimi KIM at 2010-09-08 11:28 x
日本において「幼∙保一元化」の問題は、古くて新しい問題であり、戦後「幼∙保二元化」体制を維持したまま、現在に至っている、と思っていましたが。。。 川崎で「幼∙保一体の保育園」が生まれるのですね。幼稚園と保育園とは、もともとその機能が違っているので、「幼保一元化」の問題に対しては十分な議論が必要です。しかし、最近、日本(川崎)で「幼保一元化」の議論が盛り上がっていたとは知りませんでした!川崎の保育政策をずっと研究してきた立場からすれば、「幼∙保一体の保育園」における保育と、「幼保二元化体制」における保育とは、絶対その機能(特に母親の労働保障)が違ってくると思いますので、これから「新城みらい保育園」に注目していきたいですね。
<< 工具製造大手「タンガロイ」、川... 交通局が「川崎市バス大事典」配... >>