川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 66 )   > この月の画像一覧

「Buyかわさきフェスティバル」溝口で開催(5/31)

市の名産品などが並ぶ「Buyかわさきフェスティバル」が、JR南武線溝ノ口駅改札口前自由通路で開催。市と川崎商工会議所の主催。名産品を市民に知ってもらい、購買意欲を高めて地域経済の活性化が狙い。6年前から年2回開催、今回で12回目。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-31 13:17 | Comments(0)

主要駅周辺でポイ捨て・路上喫煙禁止キャンペーン(5/30)

環境省の「ごみ減量・リサイクル推進週間」(5月30日~6月5日)にあわせ、市内全区の主要駅周辺で、ポイ捨て禁止や路上喫煙防止を呼びかけるキャンペーンが行なわれた。市職員やボランティアの市民約140人が参加。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-30 13:16 | Comments(0)

市、生活保護業務放置の職員を停職処分(5/30)

市は、生活保護業務の事務処理を放置していた麻生区役所の生活保護担当ケースワーカーの男性主査を停職6ヶ月の懲戒処分にした。主査の業務放置により、保護費の過払い725万円、保護費支払い遅れ280万円などがあったが、保護費相当の金を消費者金融などから工面した自費で立て替えて払っていたという。職員は退職願を出し、31日付けで退職。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-30 13:16 | Comments(0)

アスベスト調査、市内学校4校で基準上回る(5/29)

市が学校施設の吹き付け材のアスベスト(石綿)調査を実施した結果、調査対象130校中4校で、基準を上回るアスベストを含有する材料が使われていたことを発表。除去や封じ込め対策を進める。いずれも空気中の飛散は検出されなかったとのこと。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-29 17:21 | Comments(0)

市立橘高校生、東菅小の体力テストを補助(5/29)

市立橘高校スポーツ科の3年生38人が、市立東菅小学校で全校児童555人に行なう体力テストの補助員として協力した。高校生が小学校の体力テストに協力するのは市内初。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-29 17:20 | Comments(0)

「フラワーデザイン展」ミューザで開催(5/28~6/1)

「第12回川崎市フラワーデザイン展」が、ミューザ川崎企画展示室で開催。6月1日まで。生花やドライフラワー、造花などを使い、プロとアマチュアが技巧を凝らして競い合うもので、市フラワーデザインソサエティー主催、神奈川新聞社後援。97年から公募方式で開催している。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-28 17:19 | Comments(0)

「川崎産業観光モニターツアー」開催(5/28)

京浜臨海部の中心地・川崎に残る産業遺産や産業観光の魅力を広めようと、施設を巡る「川崎産業観光モニターツアー」が開催された。市民45人が参加。臨海部の工場景観への関心が高まっていることから、市内の産業遺産を観光に組み入れる狙いで市が初めて企画。08年度内に8回開催する予定の初回。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-28 15:58 | Comments(0)

市営住宅60棟が震度6で「倒壊の危険」と診断(5/28)

市が実施した市営住宅の2007年度の耐震診断で、62棟のうち60棟が震度6以上の地震で「倒壊する危険性が高い」か「倒壊する危険性がある」ことがわかった。市は「想定より悪い結果」として、残り139棟を08年度中に前倒しして診断することに決定。旧耐震設計基準だった81年5月以前に着工した301棟のうち、建替え・廃止予定を除く201棟が対象。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-28 15:57 | Comments(0)

保育所待機児童583人、昨年より118人増(5/28)

市が4月1日現在の保育所の入所状況を発表。保育所新設で定員は昨年度より535人分増えたが、入所希望も約600人増加。待機児童数は583人で、昨年度より118人増。市は保育緊急5ヵ年計画で、2012年4月までに受け入れ枠を2600人分増やし、待機児童をなくす目標を掲げている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-28 15:56 | Comments(0)

市中間人口密度、全国15大都市中3位に(5/27)

05年度の国勢調査で、市の昼間人口密度が全国の政令市を含む15大都市中3位と、過密化が顕著になっていることがわかった。特にJR川崎駅周辺は超過密状態で、昼間人口を区域に均等に立たせた場合の距離を示す「接近度」は3.3メートルとなった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-05-27 12:15 | Comments(0)