川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(486)
(448)
(435)
(409)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(128)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

市総合防災訓練開催(8/31)

9月1日の防災の日を前に、川崎市総合防災訓練が、宮前区内で行なわれた。行政と企業、地域jの自主防災組織など計69機関、約5600人が参加。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-31 14:21 | Comments(0)

上平間第二町会、転倒防止対策調査実施(8/29)

中原区の上平間第二町会は、家具の転倒防止対策について住民アンケートを実施。6割が実施していると回答、「倒れるものを置いていない」「寝室に家具を置いていない」などの回答を加えると7割近くが何らかの対策を進めていた。調査は6月末から1カ月間、町会の全1290世帯を対象に実施。605世帯から回答を得て分析。同町会は木造家屋が密集する地域で、特に高齢者が多く暮らしている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-29 17:35 | Comments(0)

市バス検討会、検討結果を市長に答申(8/26)

市営バスの経営改善計画「ニュー・ステージプラン」の評価と今後の経営の方向性について、3月に諮問を受けた市バス事業経営問題検討会は、市長に答申した。給与水準の見直しを不十分とした上で、需要動向に合った全路線・ダイヤの見直し、サービス向上や増収策の徹底などを進めるよう提言。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-26 17:34 | Comments(0)

小杉町中央地区再開発、都市計画決定(8/26)

市民館や低層住宅などが密集する小杉町3丁目中央地区の再開発事業が、市都市計画審議会で議論され、賛成多数で都市計画決定された。高さ約160メートルの高層マンションと商業施設などが2013年度後半に完成。計画地はJR南武線沿いの約1.1ha。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-26 17:34 | Comments(0)

市、麻生区に新たに特別緑地保全地区指定(8/26)

26日に開催された市都市計画審議会で、市域に残された貴重な斜面緑地を保全するため、麻生区黒川の3地区計3.6ヘクタールを特別緑地保全地区に指定することが承認された。市域のまとまった樹林地は03年には697ヘクタールだったが、07年には652ヘクタールと45ヘクタール減少している状況。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-26 16:19 | Comments(0)

大島小児童、「緑のカーテン」ゴーヤーで市長訪問(8/25)

市が推進している「緑のカーテン大作戦」で、沖縄特産のゴーヤーを育てた市立大島小学校の児童代表3人が、育てたゴーヤーを持参して市役所を訪問。ゴーヤーチャンプルーを市長と試食した。「かわさき緑のカーテン大作戦」は、地球温暖化対策「カーボンチャレンジ川崎エコ戦略(CCかわさき)」の一環。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-25 17:33 | Comments(0)

「こども親善大使」、市長に帰国報告(8/25)

「こども親善大使」として今夏、市の姉妹都市オーストラリア・ウーロンゴン市に派遣された市内小学6年生4人が、市役所で市長に報告。「親善大使」に選ばれたのは、第17回川崎ジュニア文化賞などを受賞した児童ら。8月19日に日本を発ち、24日に帰国した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-25 17:32 | Comments(0)

市民共同おひさま発電所完成、点灯式(8/24)

市国際交流センターで、市民の寄付などでつくった太陽光発電施設「市民共同おひさま発電所」が完成。屋上の太陽パネルからの電力で点灯式が行なわれた。市民が資金を出し合う民間主体の発電所は市内初。市や企業などでつくる「かわさき地球温暖化対策推進協議会」と、同協議会事務局のNPO法人アクト川崎などが中心のプロジェクトチームが、昨秋から寄付を呼びかけ実現。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-24 17:31 | Comments(0)

野村総研、市と共同で豪の水不足解消図る(8/21)

野村総合研究所は、オーストラリアクイーンズランド州の公的研究機関との国際的な共同研究プロジェクトを発足させると発表。川崎市や市内外の民間企業が参加し、深刻な水不足問題を抱える同州への漏水防止、節水などの環境技術適用の可能性を研究していく。現在、参加企業募集中。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-21 18:06 | Comments(0)

市、07年度決算見込み発表2:人件費比率(8/1)

市は、07年度の決算見込みを発表。07年度まで27年連続で政令指定都市ワースト1位の人件費比率は、前年度と変わらず21.3%だった。職員給与額は減っているが、退職者が07年度より100人近く増加、退職手当が約24億円増加したことが原因。人件費は07年度より1億円増加。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-08-01 17:13 | Comments(0)