川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(486)
(448)
(435)
(409)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(128)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 10月 ( 50 )   > この月の画像一覧

「ハッピースマイル」経営の保育所閉鎖(10/31)

「ハッピースマイル」の名称で首都圏で保育所を経営していたエムケイグループが、経営難を理由に、川崎市内の認可保育所二園と認可外(認定)保育園二園(ほか県内では相模原市内一園)を閉園することに決定。業務停止届などが市に提出された。市は、30日に周辺の認可保育園に協力を求め、計20園の受け入れ先を決めた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-31 17:42 | Comments(0)

元五輪陸上選手の土江さん、小学生に指導(10/30)

アトランタ、アテネ五輪の陸上リレーに出場し、現在城西大陸上部監督を務める土江寛裕さんが、市立宮前小学校で、5年生児童約130人に短距離走の技術指導を行なった。同校は08年、学年を越えた縦割りの体育指導などで文部科学大臣賞を受けていることなどから、今回の技術指導が実現した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-30 17:40 | Comments(0)

前向き子育てプログラムの創始者、副市長と懇談(10/29)

世界15カ国以上で導入が進む前向き子育てプログラム「トリプルP」の創始者であるオーストラリア・クイーンズランド大学のマット・サンダース教授が市役所を訪れ、曽禰潤一郎副市長と懇談した。トリプルPは、ポジティブ・ペアレンティング・プログラムの略。国の助成を受け06年度から国立保健医療科学院と市が共同研究事業を開始。その一環で教授を招いた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-29 15:40 | Comments(0)

原爆朗読劇市民グループ 公演売上で詩集を寄贈(10/29)

08年8月に幸区で原爆朗読劇の川崎公演を企画・開催したグループが、劇の売上金で「原爆詩集」を購入し、市内の小中学校などに贈呈した。これを受け、市から感謝状が贈られた。このグループは、朗読劇「夏の雲は忘れない1945・ヒロシマ ナガサキ」。企画当初は赤字も覚悟したが、公演は満員となり、余剰金が出たとのこと。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-29 15:23 | Comments(0)

「エリーパワー」が滋賀で開発センター新設(10/29)

川崎で大型リチウムイオン電池の量産準備を進めているエリーパワーは、滋賀県大津市に最先端の研究設備を導入した技術開発センターを新設、完成式を行った。エリーパワーは、川崎区水江町の臨海部に、約40億円をかけ年産20万セルのリチウムイオン電池の量産工場を建設中。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-29 14:29 | Comments(0)

市と香港、産業・経済協力の覚書締結(10/28)

市と香港貿易発展局は、相互の産業・経済協力に関する覚書を締結した。覚書は、両者の貿易やビジネス発展のための最大限の支援や情報の共有化、交流の機会づくりなどをうたっている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-28 15:39 | Comments(0)

横田めぐみさんの写真展、宮前区役所で(10/28~31)

北朝鮮拉致問題の解決に向けて支援しようと、拉致被害者の横田めぐみさんの成長の記録を紹介する写真展が、宮前区役所で開催。川崎区に住む父・滋さんと、母・早起江さんが29日会場を訪れ、あいさつをした。11月11日からは高津区役所で4日間開催予定。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-28 15:22 | Comments(0)

川崎でハロウィーン・パレードに3000人(10/26)

JR川崎駅東口周辺で、ハロウィーン・パレードが開かれ、思い思いに仮装した約3000人が参加。沿道には10万人の観客が繰り出し、一帯は陽気なお祭りムードで盛り上がった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-26 12:24 | Comments(0)

日本景観学会川崎大会 ミューザで開催(10/26)

景観と音とのかかわりなどをテーマにした日本景観学会川崎大会が、ミューザ川崎シンフォニーホールの市民交流室で開催され、約100人が参加した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-26 12:24 | Comments(0)

心身障害者「手をつなぐ体育祭」で交流(10/25)

心身障害者と健常者がスポーツを通じて交流を楽しむ「第31回手をつなぐ体育祭」が、とどろきアリーナで開催され、計約1500人が参加。障害者の社会参加を促す狙いで、市が主催する秋の恒例行事となっている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2008-10-25 12:24 | Comments(0)