川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

生田緑地で「サマーミュージアム」開催(7/31~8/1)

多摩区の生田緑地などで、縁日や自然観察などが楽しめる「生田緑地サマーミュージアム」が開催。地元商店街有志や市民グループなどで構成する実行委員会の主催。日本民家園や、岡本太郎美術館、青少年科学館が立地する生田緑地の内外で、自然や芸術、文化を楽しめるさまざまなイベントが催された。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-31 16:36 | Comments(0)

多摩区のボクシングジム、「防犯ロードワーク」開始(7/30)

多摩区の「川崎新田ボクシングジム」の新田渉世会長が「日陰でコツコツ汗を流すボクサーに日が当たり、かつ地域で役に立てるような活動はないものか」という思いから、「防犯ロードワーク」を提案。30日、「防犯パトロール」と書かれたゼッケンの贈呈式が多摩署で行われ、今後ボクサーたちがこのゼッケンをつけ街を走ることとなった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-30 11:52 | Comments(0)

市、09年度の一般会計決算見込み発表(7/30)

市は、09年度の一般会計決算見込みを発表した。景気悪化の影響で、市税は前年度比86億円(2.9%)減の2,852億円と、5年ぶりの減収に転じた。減少額は市税全体で政令市になった72年以降で3番目。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-30 11:51 | Comments(0)

市と民間が共同で 水の高効率ろ過実証実験開始(7/30)

水道用ろ過砂の製造販売を手掛ける日本原料(川崎区)は、浄水場向けに開発した高効率ろ過砂洗浄装置「シフォンK3システム」の実証実験を、市上下水道局と共同で始める。運用コストや環境負荷の低減が期待できることから、市は環境技術の確立と普及を支援する。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-30 11:49 | Comments(0)

国保滞納者へ市発行の「受療証」を市民団体が批判(7/28)

市が、国民健康保険の保険料滞納者に対し、従来は6カ月有効の保険証(短期証)を発行していたにもかかわらず、2009年から、さらに短期しか使えない「受療証」を発行しているとして、市民団体「川崎市社会保障推進協議会」が、市に従来通りの運用を求め記者会見した。同団体の田中事務局長は、「このような発行をしているのは川崎だけだ」と批判している。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-28 11:48 | Comments(0)

市の戸籍に120歳以上462人が「生存」で在籍(8/26)

高齢者の所在不明問題で、市は、120歳以上の462人が戸籍上「生存」したままの状態で残っていると発表。最高齢は159歳の女性で、江戸時代末期の1851年生まれ。年金や介護保険は、住民登録や外国人登録を基にしているため、いずれも支給やサービスは行われていない。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-26 11:14 | Comments(0)

「夏休み能楽体験・鑑賞教室」が能楽堂で開催(7/25~26)

600年の伝統を持つ「能」のおもしろさ、奥深さを伝えようと、「第20回夏休み能楽体験・鑑賞教室」が、川崎能楽堂(川崎区)で開催。川崎市文化財団、こども能楽体験鑑賞教室を支える会主催。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-25 11:44 | Comments(0)

高津区民祭、大山街道などで開催(7/25)

第37回高津区民祭が、高津区の大山街道などで開かれた。区民の交流を深めようと、同祭実行員会の主催。区民祭は1974年に高津区民納涼祭として始まり、毎年20万人以上が参加する一大イベント。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-25 11:43 | Comments(0)

「天体戦士サンレッド」切手セット販売開始(7/23)

「天体戦士サンレッド」の切手セットの販売が、市内の郵便局で始まった。同区内に13カ所ある郵便局は、それぞれ異なるキャラクターを使った消印を押す企画もスタート(8月末まで)。ファンたちは“消印スタンプラリー”に奔走していた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-23 11:42 | Comments(0)

市、高津の多摩川河川敷利用有料化実験予定

バーベキュー客による大量のごみや騒音が問題化している多摩川河川敷(高津区)で、市は、利用を有料化し、夜間利用は禁じる実験を1か月間にわたって行う。収益はごみ処理や清掃費などに充てるといい、効果が認められれば本格的な実施を検討する。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2010-07-23 11:41 | Comments(0)