川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 12月 ( 46 )   > この月の画像一覧

市とJR東、川崎駅北口自由通路整備で協定締結(12/28)

市とJR東日本は、JR川崎駅北口自由通路の整備に関する施行協定を締結。整備工事を市がJRに委託する内容の協定で、総工費約190億円のうち、市側の負担は約94億円、JR側の負担は約96億円。2017年度末の完成を目指す。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-28 16:54 | Comments(0)

市長、仕事納めで市役所各フロアまわる(12/28)

市長は、仕事納めの28日に市役所の各フロアをまわり、職員の一年間の労をねぎらった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-28 16:53 | Comments(0)

川信、市内中小企業の2013年景気見通し発表(12/27)

川崎信用金庫は、市内中小企業の2013年の景気見通しを発表。「良い」の割合から「悪い」の割合を引いた(見通しDI)は、マイナス63.7で、2012年から8.9ポイント改善し、2年ぶりに上向いた。東日本大震災などの影響が落ち着き、緩やかに回復すると見込んでいる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-27 16:52 | Comments(0)

県内の労働組合員数、半世紀ぶりに60万人割れ(12/27)

県がまとめた労働組合基礎調査結果によると2012年(6月末時点)の県内労働組合員数は、11年比で約2%減の59万4,476人となり、ほぼ半世紀ぶりに60万人を割った。正社員が減り、組合の組織率が比較的低いサービス業の従事者などが増えていることが背景とみられる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-27 15:07 | Comments(0)

中原区の土壌から環境基準超の有害物質検出(12/26)

市は、中原区宮内の市道路建設用地の土壌から、環境基準(0.01mg/L)の13,000倍の有害化学物質テトラクロロエチレンが検出されたと発表。用地には以前、クリーニングや板金、金型の工場があったという。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-26 16:50 | Comments(0)

市内の2012年救急出動件数が最多を更新(12/26)

市消防局は、市内の救急出動件数が6万1,232件となり、年末まで1週間を残して、過去最多だった2011年1年間の6万1,163件を上回ったと発表。これまでで最多となった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-26 16:47 | Comments(0)

市、県測量設計業協会川崎支部と災害協定(12/26)

市は、県測量設計業協会川崎支部と、災害時に市内の被害状況について報告を受ける協定を結んだ。市内15業者でつくる同協会支部が東日本大震災後に、測量に使う市内の基準点約1,200カ所のうち30カ所を調べたところ、水平方向で約25㎝東に移動したことが判明。ずれがあると測量に使えないため、同支部は、前基準点の位置の測り直しを進めている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-26 16:45 | Comments(0)

ごみ減量推進キャラクターのネーミング募集(12/25)

市は、2013年9月から全市で実施するプラスチックの分別収集を前に、ごみ減量のPRキャラクターを作り、名前募集を開始。首から下の体と両耳がRの形で、無駄に買わないでごみを減らすという意味の「リデュース」、繰り返し使う「リユース」、作り変える「リサイクル」の3Rを表現。口ぐせは「もったいない」という設定。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-25 16:44 | Comments(0)

市の審議会、市長・副市長・市議報酬据え置きを答申(12/25)

市特別報酬等審議会(会長・原田博夫専修大教授)は、市長、副市長の本給と市議の報酬について、「据え置きが適当」と市長に答申した。市長は10月に諮問していた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-25 11:42 | Comments(0)

市、2012年の10大ニュースを発表(12/25)

市は、2012年の10大ニュースを発表。市が55項目を提示しインターネットなどを通じ、市民2,614人が最大10項目を選んだもの。1位は、ドラえもん生誕100年前と藤子・Fミュージアム開館1周年記念の「ドラえもん特別住民票」が1週間で9万ダウンロードされたこと。2位は最新鋭プラネタリウム「メガスターフュージョンⅡ」を導入した「かわさき宙と緑の科学館開館」、3位は「夢見ケ崎動物公園のレッサーパンダに赤ちゃん誕生」だった。市長は、「明るいニュースが多かったのは、それを望む市民の気持ちが表れたのでは」と総括。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2012-12-25 11:38 | Comments(0)