川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(486)
(448)
(435)
(409)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(128)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 79 )   > この月の画像一覧

【参考】総務省、国水準以下の地方公務員給与は削減求めず(1/31)

総務省は、地方公務員の給与削減問題をめぐり、削減を求めるのは2012年4月1日時点で国家公務員の給与水準を上回っている自治体のみとし、国より低い場合は対象外とすることを明らかにした。政府は2013年7月から、国家公務員給与と同程度の給与削減を地方側に要請している。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-31 17:55 | Comments(0)

【参考】2013年度は県施設の9割が新電力と契約(1/31)

県は、2013年度は県施設の9割で、東京電力以外の「新電力」と契約し、電気料金を約1億5千万円節減すると発表。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-31 17:53 | Comments(0)

防災教育推進校の西有馬小で防災訓練(1/31)

市指定の「防災教育研究推進校」の市立西有馬小学校(宮前区)で防災訓練があり、全児童約800人が参加。「推進校」は、市教委が2012年度から募集し、小学校12校、中学校5校に決定。携帯防災マニュアル作成など、それぞれ独自の教育に取り組んでいる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-31 17:52 | Comments(0)

災害時の要援護者対策考えるシンポ開催(1/31)

市障害者地域自立支援協議会主催の防災シンポジウムが、市生涯学習プラザで開催、約75人が参加。自身も車椅子を利用する、障害児者支援NPO理事長の北島さんは、「地域住民に支援方法を知ってもらう訓練が必要」と訴えた。市危機管理室は、市の災害時要援護者支援制度の活用を呼び掛けた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-31 17:51 | Comments(0)

「市教育改革推進協議会」市民委員募集(2/1~15)

市教委は、教育改革の課題などを議論してもらう「市教育改革推進協議会」の市民委員2人を募集。同協議会は、市の教育改革を進める上での課題を協議する場として2005年度に設置。今回募集する委員は、13~14年度までの2年が任期。3月11日締め切り。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-31 11:33 | Comments(0)

臨海部特区での研究で市と2研究所が協定(1/30)

市と、国立「医薬品食品衛生研究所」と公益財団法人「実験動物中央研究所(実中研)」の3者は、連携・協力に関する基本協定書を締結。「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区(川崎区殿町)」での共同研究をどう具体化していくか、包括的に協議していくことを確認。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-30 17:44 | Comments(0)

市都計審、麻生区の緑地保全指定などを答申(1/30)

市都市計画審議会は、市長から諮問された議案を審議し、原案通り答申した。議案の内容は、麻生区王禅寺四ツ田の市街化調整区域内に日立製作所が所有する土地のうち約7.1haを特別緑地保全地区に指定することや、富士通川崎工場などの容積率を200%から300%に変更するなど。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-30 17:43 | Comments(0)

「かわさき産業デザインコンペ2012」開催(1/30)

「かわさき産業デザインコンペ2012」が高津区のかながわサイエンスパークで開かれた。市内企業の技術活用が課題で、応募数は143点にのぼった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-30 14:10 | Comments(0)

東海道貨物支線の旅客併用に向け試乗会開催(1/30)

川崎市、神奈川県、横浜市、大田区、品川区でつくる「東海道貨物支線貨客併用化整備検討協議会」は、東海道線混雑緩和や京浜臨海部活性化に向け、同貨物支線を横浜市中心部まで延伸し、旅客列車を運行することを検討してきたが、この日初めて有識者による現地調査を実施、既存区間で電車を運行。知事や沿線企業、町内会関係者ら約320人が参加。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-30 14:07 | Comments(0)

市、川崎港ターミナルの段階的民営化を発表(1/30)

市は、直営している川崎港ターミナルを段階的に民営化する方針を定め、市議会市民委員会に報告し、公表した。今後はまず指定管理者制度を導入し、既に市から出資している法人を指定。国交省から「特例港湾運営株式会社」指定を受け、国や市から港湾施設を貸し付けて運営する方針。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-01-30 14:06 | Comments(0)