川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 02月 ( 102 )   > この月の画像一覧

市教委、公立学校35人学級の早期実施へ(2/28)

市教育長は、国が少人数学級の効果が明らかでないとして、小中全学年での35人学級実現を見送ったことに、市議会本会議で「早期の実施を強く国に要請したい」と述べた。市内では、毎年、小中約80校で35人学級を実施している。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-28 17:44 | Comments(0)

市立小給食で61人がアレルギー症状(2/28)

市教委は、2月8日から26日にかけ給食を食べた市立小児童61人(計35校)が、腹痛やじんましんなどのアレルギー症状を訴え、原因はキウイフルーツとみられると発表。15人が医療機関を受診、小3男児1人は息苦しさを訴え3日間入院。市教委は3月分はキウイを冷凍ミカンに変更。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-28 17:39 | Comments(0)

【参考】政府、国勢調査をインターネット回答に(2/28)

政府は、2015年の次回国勢調査から、インターネットによる回答を原則とする方針を固めた。若者や学生からの回答を容易にする狙い。ただ、パソコンに不慣れな高齢者に配慮し、国勢調査員が世帯ごとに配布された調査票の記入を促し、回収する従来の方式も併用する。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-28 16:38 | Comments(0)

市、障害者相談支援事業を拡充(2/28)

市は、2013年度から、区によりばらつきのある現34カ所の相談拠点を、各区に常勤3名の基幹型センター1カ所、2名の地域型センター3カ所の計28カ所に集約する一方、相談員を46名から63名に増員。新体制に合わせ、拠点の名称を障害者生活支援センターから障害者相談支援センターに変更。

●参考URL
シンポジウム「まちで暮らそう~川崎の相談支援~」の開催について
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-28 16:37 | Comments(0)

RFO、川崎社保病院の財務内容を調査(2/28)

年金・健康保険福祉施設整理機構(RFO)は、不明朗会計問題で川崎社会保険病院の財務内容を調査した。調査結果は今後公表する方針。市も同病院の事業に補助金を支出しており、財務内容の信ぴょう性を確認する必要があると、RFOに求めていた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-28 16:35 | Comments(0)

【参考】県、国際戦略総合特区の区域拡大を検討(2/27)

県知事は、県議会本会議で、「京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区」の区域拡大を検討していることを明らかにした。幸区の「新川崎・創造のもり」を特区区域に拡大する考えを示し、「川崎市と調整を進めている」と述べた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-27 16:34 | Comments(0)

【参考】環境省、PM2.5対策指針を決定(2/27)

環境省の専門家会合は、PM2.5の大気中濃度が環境基準値の2倍に当たる「1日平均1立方メートル当たり70マイクログラム」を超えると予測される場合に都道府県が、住民に外出自粛などの注意喚起をする暫定指針を決定した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-27 16:34 | Comments(0)

市、向ヶ丘遊園跡地利用計画のアセス縦覧開始(2/27)

市は、多摩区の向ヶ丘遊園の跡地利用計画について、開発する小田急電鉄が作成した環境影響評価準備書の写しの縦覧を多摩、宮前の区役所、向丘出張所などで始めた。縦覧期間と意見書提出締め切りは4月12日。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-27 16:33 | Comments(0)

市、13年度の保育所定員を1,270人拡大(2/27)

市は、待機児童の解消に向け、2011年から13年で4,400人以上拡大する計画を進めており、13年度は受け入れ枠を1,270人拡大する。いずれも民間の認可保育所で、開設20件、定員増6件。人口増の中、10年4月に千人を超えていた待機児童数は、12年4月には615人になっている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-27 16:32 | Comments(0)

【参考】県の内定辞退者が5年連続で3割超(2/26)

4月に入庁する県職員1種試験(大卒程度)合格者234人のうち、辞退者が26日時点で78人に上り、5年連続で3割を超えた。県と受験科目が同じである国や東京都の「滑り止め」になりがちとの指摘もあり、県は危機感を強めている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-02-26 17:52 | Comments(0)