川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 04月 ( 83 )   > この月の画像一覧

第84回メーデー地区大会、川崎球場に7800人(4/27)

連合系の第84回メーデー川崎地区大会、が川崎球場で開かれた。60組合・団体、7800人が参加した。実行委員長がスローガンの「『働きやすく、住みよい街川崎』の実現に向けて、勤労者と市民の力を結集しよう」と呼びかけた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-27 12:49 | Comments(0)

【参考】文科省体罰調査1次報告(4/26)

文部科学省が発表した2012年12月から13年1月までの全国公立校の体罰把握件数のうち、県内分は27件。県内3政令市では、横浜市が11件、川崎市、相模原市はゼロだった。今回発表された内容は各教委が各校からの報告を受けて把握した体罰の集計。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-26 12:48 | Comments(0)

病院の給食で入院患者が食中毒(4/26)

市は、関東労災病院で、給食を食べた入院患者64人が、下痢やおう吐などの症状を訴えたと発表した。共通する食事は病院で調理した給食に限られ、3人の患者からノロウイルスが検出されたことから、集団食中毒と断定し、病院に対して調理施設の洗浄や消毒など感染の拡大を防ぐ対策をとるよう勧告した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-26 12:48 | Comments(0)

【参考】県内のホームレス過去最少を更新(4/26)

県は、県内のホームレスが1395人(1月17日現在)と前年より114人減少したと発表した。平成15年の実態調査開始以来、過去最少を更新。県は自立支援施設の整備や巡回相談などの対策により、居住場所の確保が進んだとみている。調査はホームレス自立支援法に基づく対策の効果を把握するため国が都道府県に委託し、巡回による目視で実施。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-26 12:47 | Comments(0)

【参考】「待機児童」定義ばらつき 算入・除外 自治体次第 (4/26)

「待機児童」の数え方について、東京23区と首都圏の5政令指定都市に東京新聞がアンケートしたところ、どんな状態を待機とするのか定義にばらつきが大きいことが分かった。預け先がないため仕方なく保護者が育児休業を延ばしても6市区は「待機」に数えていない。保育行政を進める上で重要な統計が、実態を正しく反映していない恐れがある。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-26 12:46 | Comments(0)

市、生田緑地を4月から新たな運営体制に(4/26)

「生田緑地」の新たな運営体制が4月からスタートした。緑地と緑地内3施設を一括して指定管理者に任せることで運営の効率化はもちろん、これまでなかった入館料の割引制度なども導入した。生田緑地、岡本太郎美術館、日本民家園、かわさき宙と緑の科学館を横断的に管理・運営するのは、4社で構成する「生田緑地運営共同事業体」
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-26 12:45 | Comments(0)

市、ごみ焼却灰の埋め立てを再開(4/26)

市は、放射性物質が検出され一時保管してきたごみ焼却灰(飛灰)について、浮島廃棄物埋立処分場での水面埋め立てを試験的に再開する。市では鉱物性の吸着剤「ゼオライト」を飛灰に交ぜて、放射性物質を吸着させる方式を採り、橘処理センターから排出された飛灰から始める。環境局によると、これまで各種試験を重ね、安全性を確認したという。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-26 12:43 | Comments(0)

市、緊急地震速報を新たに23施設で(4/26)

市は、震度4以上の揺れを予測した場合に市役所本庁舎などで流している緊急地震速報を、26日から新たに市民館や図書館などの23施設でも流す。今後、学校なども対象に機器を整備していく。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-26 12:36 | Comments(0)

東京地裁、市に119万円賠償命令(4/24)

2010年1月、ごみ焼却施設「王禅寺処理センター」の煙突からさびを含む水が飛散し、近くの乗用車が汚れたとして、保険金を払った三井住友海上火災保険が市を相手に246万4871円を求めた損害賠償訴訟の判決があり、東京地裁は市に119万2166円の支払いを命じた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-24 12:44 | Comments(0)

市が防災計画を改定

市は、東日本大震災の教訓を踏まえ、「市地震防災戦略」、「市備蓄計画」の改定、及び「市臨海部防災対策計画」、「市津波避難計画」の策定を行った。今後、計画に掲げた施策を着実に推進し、災害に強いまちづくりに向けて取り組んでいく。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-04-24 12:42 | Comments(0)