川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 07月 ( 95 )   > この月の画像一覧

「横浜方式による待機児童の解消」求める陳情が趣旨採択(7/31)

市議会市民委員会で、「横浜方式による待機児童の解消」を求める陳情の審査が行われた。各委員からは「横浜と遜色ない川崎方式で」「西宮市にも良い対策がある」などの意見が出て、待機児童解消の含意を汲み取るとして、全会一致で趣旨採択した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-31 16:24 | Comments(0)

市立保育所運営業者、隣接産廃施設に関し虚偽説明(7/31)

今春開園した麻生区の認可保育所の運営事業者が、園の隣の産廃施設が移転する、と実態を反映しない説明を保護者にしていたことが分かった。市議会市民委員会で市こども本部が報告。市は「産廃を理由にした転園希望があれば、あらためて入所選考にかけるが、優先的扱いは難しい」とした。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-31 16:22 | Comments(0)

市、2012年度一般会計決算見込み発表(7/31)

市は、2012年度一般会計決算見込みを発表。市民税は年少扶養控除見直しや人口増により増収となったが、固定資産税が3年ごとの評価替えにより減少しており、市税全体では前年度決算比0.7%減の2,852億5,400万と2年ぶりの減収。
歳入総額は同1.7%減の5,702億6,100万、歳出総額は同1.4%減の5,673億5,500万。
歳入から歳出と次年度への繰越財源を引いた実質収支は7,500万円の黒字に。
歳出のうち、生活保護費や保育事業費などの扶助費が前年度比38億円増の1,409億円で、額、歳出に占める構成比24.9%とも過去最高に。
基礎的財政収支(プライマリーバランス)は黒字を達成したものの、9年ぶりに減債基金から67億円を借り入れた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-31 16:20 | Comments(0)

2013年7月開催のイベント

2013年7月に市内で開催された、主なイベント(行事)ピックアップです。

7/1 ・ 市、市政記念日でフロンターレ戦に市民2千人招待
   ・ミューザ夏の新企画、ホール開館記念日を祝う「ミューザの日」開催
7/7  ・ 川崎地下街アゼリアで「かわさき地産地消フェア」開催
   ・ 国際交流センターで「インターナショナルフェスティバル」を開催
7/10 ・中小の先端技術を集めた見本市「テクノトランスファーinかわさき2013」
     をKSPで開催
7/14 ・川崎小でインドの祭り「ラタジャトラ」日本版を開催
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-31 11:51 | Comments(0)

焼却灰海面埋立に市民団体が抗議文書提出(7/29)

市が、市内3処理施設で発生したごみ焼却灰の埋立も8月から9月の間に開始すると決めたことに対し、市民団体「放射能汚染を考える川崎市民連絡会議」が、市長あてに抗議と再検討を求める文書を提出。市民説明会の開催を求め、魚介類への影響などの徹底した検証の必要性を訴えた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-29 16:18 | Comments(0)

市の放射線測定器貸し出し期間長めに変更(7/26)

市は8月1日から、放射線測定器の貸し出しルールを変更すると発表。市は、貸し出し用に各区3台ずつ、計21台を配備しているが、これまでは借りた日のうちに返す必要があったが、「貸出日の次の開庁日」まで借りられることに変更。

●参考URL 「放射性測定器の貸し出し方法の変更について」
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-26 17:59 | Comments(0)

市、市内全焼却施設からの灰を埋立実施へ(7/26)

市は、放射性物質を含んだごみ焼却灰の水面埋立について、8月1日からは浮島処理センター(川崎区)、9月2日からは堤根(同)、王禅寺(麻生区)の処理センターからの焼却灰でも実施することを決定。7月22日の調査では内水の放射能濃度は2.8Bq/L、処理した排水は同2.7Bq/L、排水口付近の海水は不検出で、内水の濃度は国の目安値75Bqより厳しい10Bqとしている。港内の魚介類は不検出か1.4Bqだった。

●参考URL 「ごみ焼却灰の埋立について」
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-26 17:57 | Comments(0)

学校の施設開放使用料、子ども団体は免除に(7/26)

市教委は市議会総務委員会で、09年度の包括外部監査で「徴収が望ましい」とされたことがきっかけで検討されてきた、学校体育館開放に対する受益者負担について、構成人数の半数以上を子どもが占める団体は免除する方針を明らかにした。受益者負担については、5月に市子ども会連盟から全額免除の要望書が提出されていた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-26 17:56 | Comments(0)

市立小の夏休みプール開放が半数以下に

夏休みにプール開放を行う市立小は全113校のうち34校と、12年の73校から半数以上減。2011年に大阪で児童がプールで亡くなる事故が起きた後、警察庁から「監視を委託する場合は専門の研修を受けた警備員に当たらせる」とする通知が出たため、研修にかかる人件費が膨らみ委託費が倍増。72校から開放の希望が出たが、全希望校に対応できる予算が確保できず、抽選で半数に絞った。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-26 17:50 | Comments(0)

参院選の市内での得票率結果公表(7/25)

7月21日に投開票された参議院選挙の、各党・各候補者の、川崎市内での得票率が公表された。比例は自民33.4%、みんな14.1%、共産11.7、維新11.4、公明11.21、民主11.18など。県選挙区は島村27.9、松沢20.4、佐々木15.6、畑野13.0、牧山10.9、水戸6.3など。

●参考URL
 「平成25年7月21日執行 参議院比例代表選出議員選挙 名簿届出政党等別の開票(確定)」
[PR]
by KawasakiJichiken | 2013-07-25 18:00 | Comments(0)