川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

2014年3月開催のイベント

3/2      中原区を拠点のアマチュアの音楽とダンスの祭典「In Unity」開催。
3/20     「シニアファッションショー」に65歳以上のかたが出演。
3/21     高津区で 気軽にスポーツを楽しむ「たかつde笑顔!ファミリースポーツ縁日」。
3/23     「多摩川リバーサイド駅伝in川崎」を開催。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-31 20:47 | Comments(0)

建設中の高層マンション、工事不具合が発生(3/31)

市と清水建設は、「鹿島田駅西部地区第1種市街地再開発事業」の建設中高層マンションで工事の不具合が発生したと発表した。4月中旬から不具合が発生した階などを解体・撤去し、再施工する。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-31 14:43 | Comments(0)

小学生タグラグビーチーム全国制覇(3/31)

市と横浜の小学生からなっているタグラグビーのチーム「横浜スーパースターズ」は、全国小学生タグラグビー選手権大会で初出場ながら初優勝をした。メンバー7人で市長へ優勝の報告をした。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-31 14:35 | Comments(0)

「武蔵小杉駅東口駅前広場」が完成(3/29)

東急線武蔵小杉東側に「武蔵小杉駅東口駅前広場」が完成し、30日から供用開始される。東口駅前広場は周辺の市街地再開発事業の一環で整備された。広さは約4,500平方メートルで、3か所のバス乗り場やタクシー乗り場、地下には駐輪場、防災備蓄倉庫などが設置された。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-29 17:22 | Comments(0)

【参考】県・横浜・川崎、国家戦略特区指定へ(3/28)

地域限定で規制緩和を進める国家戦略特区の広域都市型に、県が東京都と千葉県成田市とともに「東京圏」として指定された。県と横浜、川崎市は健康産業や最先端医療技術の集積に関する構想を共同提案していた。ただし、今回の特区指定や事業内容は大まかな方針で、具体的な区域や事業内容は、今後の協議、調整で決まる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-28 17:19 | Comments(0)

市、「ふれあいプラザかわさき」開所(3/27)

老朽化した市福祉センターの後継施設「ふれあいプラザかわさき(川崎区堤根)」が完成した。日進町子ども文化センター、視覚障害者情報文化センター、わーくす川崎、かわさき老人福祉・地域交流センター、市シルバーセンターの5施設が移転する。一般利用は4月1日から。築40年以上たった福祉センターは取り壊し、2018年開所をめどに特別養護老人ホームなどに生まれ変わる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-27 17:17 | Comments(0)

市、川崎駅周辺の帰宅困難者対策を公表(3/27)

市は、大規模地震発生時に川崎駅周辺で見込まれる帰宅困難者対策を定めた「川崎駅周辺地域都市再生安全確保計画」を公表した。川崎駅は川崎、幸の両区にまたがる点が特徴。有事の際、両区の職員が指揮系統を一本化した上で、帰宅困難者の対応に当たる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-27 12:33 | Comments(0)

市監査委、定期監査結果を公表(3/25)

市監査委員会は、第2回定期監査結果を公表した。今回は「財務監査」「工事監査」の2種類を実施し、指摘項目が18件、軽易な指摘項目が21件あり、改善措置を求めた。また、財務文書に筆跡の消えるボールペンの使用事例があり、全庁的に使用を控えるよう注意喚起した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-25 12:17 | Comments(0)

【参考】厚労省、特養待機52万人(3/25)

厚生労働省は、特別養護老人ホームへの入所を希望しているが、入所できない「待機者」が全国で52万2千人いるとの集計結果を公表した。5年前の42万1千人から約10万人増えた。需要が膨らむ一方、施設整備が追いつかない現状が明確になった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-25 12:17 | Comments(0)

市内金融機関がランドセルカバーなどを市へ寄贈(3/25)

市内の小学校へ今春入学する児童1万2400人を交通事故から守るための「ランドセルカバー」、交通事故傷害保険がついている「黄色いワッペン」が市内金融機関から市に寄贈された。私立や朝鮮学校を含めた全新入学児に届けられる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-03-25 12:14 | Comments(0)