川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

2014年4月開催のイベント

4/4        「川崎=絆=南相馬チャリティーコンサート~日・韓 歌の共演~」開催。
4/6        世界で最も歴史ある「国際口笛大会」を開催。
4/10.11.12  ミューザのビルに漫画で人気の人物をプロジェクションマッピングで映し出す。
4/12~      「第10回音楽のまち・かわさきアジア交流音楽会」を開催。
4/12.13     「かわさきアジアンフェスタ」 食と音楽で同時開催。
4/20       「東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」麻生区で開催。
4/19       「かわさき楽大師」で多彩な催し。
4/23       川崎市長杯 「毎日チャリティーゴルフ大会」開催。
4/26~     オペラや演劇、能、落語など多彩な芸術文化が楽しめる「川崎・しんゆり芸術祭2014」開催
4/27       「さいわい寄席」で幸署の協力のもと、ねたは詐欺防止。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-30 18:08 | Comments(0)

市、市長の資産公開(4/28)

市は、資産公開条例に基づき、昨年11月に就任した福田市長の資産を公開した。就任した時点での資産で、自宅マンションの他に資産はなかった。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-28 16:30 | Comments(0)

第85回メーデー川崎地区大会に6500人(4/26)

連合系のメーデー川崎地区大会が富士見球技場で開かれ、50団体約6500人が参加した。「社会の底割れに歯止めをかける政策制度を実現しよう」と訴えた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-26 16:29 | Comments(0)

「生田の天然水」モンドセレクションで金賞(4/26)

「生田の天然水 惠水(めぐみ)」が国際的な品質評価のモンドセレクションで金賞を受賞。多摩区生田の地下水を水源とするペットボトル水で、カルシウムやマグネシウムなどミネラル分を適度なバランスで含んでいる。受賞は市の製品では初。市上下水道局が販売をしている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-26 16:22 | Comments(0)

市長、多摩区で「車座集会」(4/25)

市長が地域住民から直接意見を聞く「区民車座集会」の第4回が多摩区役所で開かれた。向ヶ丘遊園跡地についての要望や生田浄水場の廃止計画について参加者約30人から意見が出た。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-25 16:21 | Comments(0)

生活保護受給者就労支援、雇用した受給者102人(4/24)

市は、昨年4月に生活保護受給者らの就労を支援する包括協定を結んだIT企業「アイエスエフネット」から雇用状況の報告を受けた。市内企業の協力を得、1年間で雇用した受給者は102人、今後さらに100人を雇用する方針を明らかにした。すでに就労をしている約100人はデータの入力、電話対応、パソコンのセッティング、軽作業などに就いている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-24 16:09 | Comments(0)

川崎港、貨物取扱量が全国6位に(4/24)

市港湾局は、2013年度の川崎港の取扱貨物量が前年比6.4%増の全国6位になったとする統計速報を発表した。自動車や石油製品の輸出増や中国の上海や青島などの定期航路が3路線増加したことが影響したとしている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-24 16:06 | Comments(0)

市内小中学校、給食の牛乳に異臭などの訴え(4/23)

市内小学校20校、中学校5校で、給食に出された牛乳を飲んだ児童らから「変なにおいがする」「いつもと違う」などの訴えが相次いだ。健康被害はでていないが牛乳の提供を当面中止し、製造元に原因調査を依頼した。同様の訴えが相模原、厚木市内の学校でも報告されている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-23 16:07 | Comments(0)

多摩区で観光協会が発足(4/23)

多摩区観光協会の設立総会が開かれた。就任した末吉会長(区観光推進協議会前会長)は「豊かな観光資源を生かした事業を進めて生きたい」と抱負を語った。新協会には地域の市民団体や区内にキャンパスがある専修大、明治大、日本女子大など166の団体、個人が加盟。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-23 16:05 | Comments(0)

市、要介護度の改善に報酬を検討(4/23)

市は、高齢者の介護度の維持、改善を図るため「かわさき健幸福寿プロジェクト」を設置した。介護度の維持、改善を図った事業者に『成功報酬』を与える仕組みなどを検討する。健康で元気に生活が送れることが本人や家族の願いであり、結果的に保険料の抑制につなげることが狙い。有識者を含む約30人で検討をし2017年度までに実施予定。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-04-23 16:04 | Comments(0)