川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 09月 ( 48 )   > この月の画像一覧

市教委、非常勤講師任用無効に(9/30)

市教育委員会は、市立中学校の男性非常勤講師について、学校教育法の欠格事項に該当するとして任用日(4月8日)にさかのぼり任用無効にしたと発表。過去に懲役刑を受けていたことを隠して教員免許を提出し、2011年度から市立中の非常勤講師として勤務していた。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-30 15:45 | Comments(0)

2014年9月開催のイベント

9/6     子どもと保護者が楽しく遊べる「かわさき区子育てフェスタ」開催
9/15    生田緑地で「ピクニックデー」ワークショップや野外コンサートを開催
9/21    「ボールゲームフェスタ」で小学生らプロ選手から競技をならう
9/24~26
        復興支援の物産展を川信本店で
9/27    「川崎競馬秋祭り2014」開催
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-30 14:06 | Comments(0)

市、産業観光企画に学生プロモーター募集(9/30)

市は、観光に関心のある学生らに産業観光の企画・立案に関わってもらおうと来月3日まで「川崎産業観光学生プロモーター」の4期生を募集している。学生の柔軟な発想を生かし、ターゲットの拡大や観光振興につなげるのがねらい。任期は10月から来年9月まで、10人程度を募集。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-30 10:57 | Comments(0)

市、北部の救急活動時間は長め(9/26)

市は市議会決算審査特別委員会で、市北部では昨年、救急車の活動時間が南部と比べて1件当たり平均17.5分も長かったことを明らかにした。市消防局は「北部には救急病院が少なく、市外への搬送が多いため」と説明し、活動時間が長いと次の出動に支障が出かねないとして「一層の時間短縮を目指す」としている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-26 10:56 | Comments(0)

市交通局、運転手不足で労働超過(9/26)

市交通局は市議会決算審査特別委員会で、市バス運転手が必要人員より18人不足し時間外勤務で対応していることを明らかにした。全国的に大型2種免許取得者が減少していることが理由で、局は「なるべく早期に改善を図りたい」としている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-26 10:55 | Comments(0)

市、駅前の放置自転車が2年で半減(9/25)

市は市議会決算審査特別委員会で、2013年の市内鉄道駅周辺の放置自転車台数が5176台となり、11年度の9516台からほぼ半減したと明らかにした。毎年6月、市内56駅で駐輪場利用台数や放置自転車の実態調査を実施。85年度の3万4291台をピークに減少傾向。市自転車対策室は「鉄道事業者の協力で駅前駐輪場の整備が進んだ」と説明している。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-25 10:53 | Comments(0)

川信取引先調査、アベノミクス効果実感なし6割(9/24)

市内に営業拠点を置く中小企業の6割が安倍政権の経済政策「アベノミクス」の効果を「実感していない」と川崎信用金庫の調査に回答した。同金庫は「期待したほど売り上げが伸びず、効果を肌で感じられなかったのでは」としている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-24 10:52 | Comments(0)

川信、7~9月期の中小企業動向調査発表(9/24)

川崎信用金庫は、7~9月期の市内の中小企業動向調査結果を発表。企業の景況感を示す業況判断指数は、マイナス2.4で前期比0.3ポイント増。製造や運輸が大幅改善したが、増税や悪天候の影響で個人消費が伸び悩んだとしている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-24 10:51 | Comments(0)

手術ミスで後遺症、市などを提訴(9/24)

市立多摩病院で骨折の手術を受けた際、大量出血の処置が遅れて重度の後遺障害が残ったとして、家族ら計6人が市や病院の指定管理者である聖マリアンナ医科大、医師らをを相手取り損害賠償を求める訴えを起こした。市病院局は「訴状が届いておらず、中身を確認したうえで対応したい」としている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-24 10:49 | Comments(0)

市、汚泥焼却灰 来夏にも満杯(9/22)

市は市議会決算審査特別委員会で、福島第一原発事故により発生した放射性物質を含む下水汚泥焼却灰について、再利用が進まず、市の保管場所が来夏にも満杯になることを明らかにした。市放射線安全推進室は「再利用できない状態が続けば、新たに場所を探す必要がある」としている。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2014-09-22 16:35 | Comments(0)