川崎地方自治研究センターが、川崎市内の動きを日々追っていくものです。
by KawasakiJichiken
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
このサイトについて
このサイトを運営している一般社団法人川崎地方自治研究センターのサイトはこちらです。

********************

文中で「市」とは、「川崎市」のことを指します。
また、「県」とは「神奈川県」のことを指します。
県や国など、直接川崎市での出来事でない場合は、【参考】として記しています。

記事の日付は、原則として「その出来事が起こった日」としています。各記事のタイトルの末尾は(月/日)です。

各出来事のキーワードを3つまでタグで設定しているので、下記のタグ欄からも検索することが可能です。
ご活用ください。

各記事へのコメントは、下記の者が行っています。

村松:川崎地方自治研究センター事務局長。

玉川:元川崎地方自治研究センター事務局長。

jimi Kim(金智美):川崎地方自治研究センター客員研究員。 日本に10年在住し、川崎市の福祉政策を研究。現在は韓国慶南大学校社会福祉学科副教授を兼任。
タグ
(485)
(446)
(434)
(408)
(340)
(323)
(298)
(289)
(279)
(274)
(247)
(237)
(223)
(213)
(177)
(156)
(154)
(134)
(127)
(120)
検索
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 06月
最新のコメント
女性の管理職登用が進めら..
by 玉川 at 09:12
公務員の給与、労働条件は..
by 玉川 at 19:46
学校の授業にタブレットを..
by 玉川 at 19:38
毎年、ベトナムへの自転車..
by 玉川 at 19:20
小杉駅の周辺の再開発は、..
by 玉川 at 13:49
自転車の3人乗りを取り扱..
by 玉川 at 13:45
市の担当部署は「平成23..
by 玉川 at 16:10
「地産地消」という言葉・..
by 玉川 at 17:10
生活保護の問題は、急増す..
by 玉川 at 17:35
一時はニュースやワイドシ..
by 玉川 at 15:53
最新のトラックバック
カテゴリ
全体
未分類
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

市 公園遊具点検 半数が補修更新必要(4/22)

市は市議会まちづくり委員会で、公園にある全ての遊具の状況を点検した結果、保守・更新が必要な遊具が半数に上ることを明らかにした。劣化の進んだものから優先して更新する一方、健全なうちに適切な対策を施すことで延命化を図る公園施設長寿命化計画を導入する。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-27 12:28 | Comments(0)

外国人市民代表者会議 市長に提言(4/20)

市内で暮らす外国人の意見を市政に反映させるため、市条例で設けている「外国人市民代表者会議」は、2015年度の報告書をまとめ、市長に提出した。報告書では、相談窓口や異文化交流の場となる(仮称)多文化共生ラウンジの複数設置や「やさしい日本語」による情報提供などを提言している。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-27 12:26 | Comments(0)

市 熊本地震支援を本格化(4/19)

市は、避難所運営を支援する職員の派遣を決めた。被災地は避難所の数が多く、運営する人手が不足している状況にあり、「指定都市市長会」からの要請を受け、27日から5月18日まで熊本市の避難所に28人を送る。このほか、市立川崎病院の医師、上下水道局の技術者、保健師らを派遣するなど、被災地への支援を本格化させいる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-27 12:25 | Comments(0)

市長 ヘイト法案にコメント(4/19)

長は定例記者会見で、ヘイトスピーチの抑止に向け自民党、公明党が参議院に提出した法案について「対象範囲や禁止規定でいろいろなバランスがあるので、細かな議論が必要。とにかくヘイトスピーチが行われないようなものを望んでいる」とコメント。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-27 12:23 | Comments(0)

市 介護度改善に報奨金(4/19)

市は、介護サービス利用者の介護度や状態を改善した介護事業者に報奨金を与える制度をスタートさせる。現行の介護保険制度は要介護度が改善すると、事業者への報酬が減る仕組みで、維持改善の努力に報い、モチベーションを高める狙い。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-27 12:21 | Comments(0)

県内3政令市 熊本に職員派遣や支援物資(4/17)

横浜、川崎、相模原の県内3政令市は、熊本県を震源とする地震で、政令市同士の支援策として熊本市を中心に職員派遣や支援物資を送ることを決めた。市は保健師2名と上下水道局職員10名を派遣する。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-20 12:26 | Comments(0)

【参考】熊本県 震度6強の地震発生(4/16)

16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする強い地震があり、最大震度6強を観測した。気象庁は、この地震は阪神大震災級のマグニチュード7.3で、14日に震度7を観測して以降に発生した一連の地震の「本震」とする見解を示した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-20 12:25 | Comments(0)

【参考】熊本県 震度7の地震発生(4/14)

14日午後9時26分ごろ、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード6.5、最大震度7の強い地震が発生した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-20 12:24 | Comments(0)

大相撲「川崎ふるさと場所」 6700人が観戦(4/13)

市では19年ぶりとなる大相撲の地方巡業「川崎ふるさと場所」が、とどろきアリーナで開かれ6700人が観戦した。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-15 11:26 | Comments(0)

【参考】政府委員会 羽田連絡道2020年度に(4/13)

政府の羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会は、羽田空港と多摩川対岸の川崎臨海部を結ぶ連絡道路の整備について、2017年度に着工し、東京五輪開催の2020年度の完成を目指す方針を確認した。「橋」部分は市と東京都の共同事業として実施し、費用は折半で川崎市が事業主体となる。
[PR]
by KawasakiJichiken | 2016-04-15 11:24 | Comments(0)